小陰唇の縮小手術に関する疑問や悩みを解消してから、大阪で人気の美容外科クリニックを受診しましょう。

不安を解消する

術後の再発の可能性

プチ整形などは、術後にまたメンテナンスが必要な場合も多いです。しかし小陰唇の縮小手術においては、術後にまた皮膚が肥大してしまうことはほとんどないといえます。

黒ずみはとれるのか

生まれつきという理由や、摩擦などの刺激を受けた影響からということで、小陰唇が黒ずんでしまうケースがあります。手術では黒ずんだ箇所を切除できますので、黒ずみの問題を解消することも可能です。

通院する必要はあるか

抜糸が必要な場合は消毒と合わせて合計2回の通院になります。抜糸が必要のない場合は、術後の消毒と診察で1回の通院だけで大丈夫な場合も多いです。ただしクリニックや、患者の状況によっても変わってきます。

その後の影響は

女性器なので、妊娠や出産などに影響があるのではと、心配に感じる人は多いです。しかし、妊娠や出産には直接影響がないことがわかっているため、安心して手術を検討することができるはずです。

広告募集中