女性特有の悩みである小陰唇の縮小手術を大阪で検討するなら、最適な治療方法を選択することが大切になります。

治療方法は?

カウンセリングへ

クリニックにはまずはカウンセリング予約で受診します。どのようなトラブルや症状があるのかを伝え、最善の治療法を医師に診断してもらいましょう。縮小手術では、どのような形やサイズにするか理想に近づけることが可能ですので、しっかりと話し合いをしていきます。

いつ受ける?

女性は定期的に生理がありますが、生理日を予測して影響のない日を選んで手術を行なうことが大切です。手術の出血か生理の出血かを判明させる必要があるからです。そのため、生理開始から終了までを除いた期間で手術日を設定しましょう。

当日の流れ

切開手術では、当日は局所麻酔を行ない、小陰唇の肥大部分を取り除いていきます。切開した断面は縫合していき、傷跡も目立ちにくいことがほとんどです。左右両方を行なうこともできますし、いずれか片方のみも可能です。

費用は

クリニックによっても料金体系は異なりますが、両側の切開手術となると15万から25万円あたりが相場となります。カウンセリングが無料のクリニックであればコストを抑えることができるでしょう。

広告募集中